会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介

待遇の改善を持ち出されたら

 会社から引き止められる時のパターンで、会社側から見た時、最も有効であると感じるのが、待遇の改善をチラつかせての慰留です。転職を検討する人、特に市場価値の高い30代の人の場合は、キャリアアップや年収アップなどを狙っている場合が多く、それを感じ取っている会社は、待遇の改善を持ち出して引き止めようとするわけです。

 そうした引き止めにあったら、「もう少し前にそういった評価をしてもらいたかった」であるとか、「待遇云々の問題で辞めるわけではない」といった返しをしてみましょう。退職する強い意志を示せますし、相手も納得せざるを得ない状況に持っていけるはずです。

恫喝するような引き止めには

 転職希望者にとって最も厄介なのが恫喝やそれに近い形での引き止めです。恐いですよね、上司から威圧的に慰留されたら。こんな時にはまともに取り合わないようにしてください。「何か必死で怒鳴っている」くらいに思い、とにかく精神的に崩されないことが重要です。まともに受け取ってしまうと心が壊れてしまいますから、聞き流すくらいの余裕が欲しいところです。

 社内に他に相談できる人がいればする、あるいは外部の機関に相談するのもよし。それが面倒だという人は退職届を提出し、いつでも辞められる状態を作っておくといいでしょう。余裕があれば、そうした上司の恫喝をこっそりと録音しておけば、後で有効に使えるかもしれません。

どうしても必要だと訴えられたら

 「うちの会社にはどうしてもお前が必要だ」という訴えをされたら、これもまた非常に厄介。今までお世話になったわけですし、多少は会社に愛着もあるでしょうから、辞めるのを迷ってしまう人も出てくるかもしれません。

 もしこうした慰留の仕方で退職を迷ってしまうくらいなら、その会社に残った方がいいでしょう。ふわふわとした気持ちで転職すると危険です。感情的に揺さぶられつつも、でも辞める意志が固いなら、「転職先が既に決まっていまして…」などと言うといいかもしれません。

 それならしょうがない、と会社側が折れるしかないからです。

【関連記事】
30代で円満退職を
退職する時の理由はどう扱えばいいか
入社前に確認しておきたいこと
30代の転職の試用期間

30代の転職の試用期間

転職における試用期間

 中途採用者に対しても試用期間を設ける企業が多いのは、面接ではわからない能力や勤務態度、適性などを見極めたうえで、本採用したいと考えているからです。特に30代で転職する場合、企業は即戦力として活躍してくれることを期待しているので尚更です。

 企業は就業規則や労働契約の中に試用期間の項目を盛り込むことで、社風や職種とミスマッチだと感じた場合、トラブルなく採用を見送れる準備をしている面がぬぐえません。とはいえ、正社員採用が前提となっていますから、健康保険・雇用保険・労災保険・厚生年金などへの加入が前提となります。

 また、試用期間であっても、正当な理由がなければ解雇はできません。正当な理由とは、暴力事件を起こすなどの反社会的な行為を行った、経歴を詐称した、勤務態度や出勤率が悪いなど、中途採用者自身に落ち度があることを指します。真面目に仕事に取り組めば、そう簡単には解雇できないのです。

試用期間をお試し期間にはしない

 30代でも未経験職種へ転職する場合などは、自分の適性を見極めるために、試用期間を利用しようと考えるひとも少なくありません。ですが、入社後に適性を見極めようとすると、社会保険に加入した時点で履歴が残ってしまいます。ミスマッチに気づいて再び転職活動をスタートしようと思うとき、短期間で会社を辞めたという事実は、マイナスにしかならないのです。

 30代での転職は、自分の将来のキャリアにつながる大事なポイントです。内定諾否の段階で、職種や入社を検討している企業に関する情報収集ができていない時点で、詰めが甘いと言わざるをえません。試用期間を大過なく過ごし、正社員として活躍できる企業を選定しましょう。

【関連記事】
30代で円満退職を
退職する時の理由はどう扱えばいいか
入社前に確認しておきたいこと
会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介

入社前に確認しておきたいこと

転職先の企業について

 入社前に転職先の企業について今一度確認した方がいいでしょう。入社が決まった今になると転職活動をしている時とはまた違った情報が見られる場合もあるからです。

 最も場合によっては改めて調べた上で実は問題のある企業だった、というケースもよくある話です。特にネットだと虚偽の情報も出回っているため本当に悪いかどうかの判断をするのが難しいのですが、入社の際の書類等も見直して分析して判断してみましょう。

 もし入社するに値しないと判断すれば速やかに内定の辞退をするようにしましょう。

候補が複数ある場合には

 30代は選択肢が多くあるため、内定をもらった企業も複数という方が多いと思います。しかし当然複数の企業へと入社することはできないため、決めた企業以外には辞退の連絡を入れなければいけません。

 内定の辞退をする連絡は早めに入れる必要がありますが、問題は他の企業の内定可否の連絡が来るのを待たなければいけない時です。この場合には連絡を入れて「少し考えたいので猶予をもらいたい」というように企業側に返事を待ってもらいましょう。

 それでも早めに連絡をして辞退するのしないのかを相手に伝えるようにはしましょう。

【関連記事】
30代で円満退職を
退職する時の理由はどう扱えばいいか
30代の転職の試用期間
会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介

退職する時の理由はどう扱えばいいか

基本は「一身上の都合」で

 退職の意思表示をする時は退職することを伝えると同時に理由についても答えなければいけません。理由がない状態で退職しようとすると企業側から悪い方面の理由があると想像されてしまって関係に悪い影響が出てしまうからです。

 しかしだからといって今の企業に不満があっての退職となればそれはそれで問題です。基本的に退職において理由を書くのであれば「一身上の都合」で通した方がいいでしょう。

 一身上の都合であれば企業側としても追及することができないからです。しかしこの場合には本当の理由を公言しないように気をつけてください。どこで企業の耳に入るか分からないからです。

場合によっては言っていいことも

 やむを得ない事情であればいいですが、もし「今とは違うキャリアを身につけたい」という理由がある場合には逆にそれを言った方がいい場合もあります。

 相手によっては不透明な一身上の都合よりも「仕方がない」と考えることが強くなって転職先での仕事を応援してくれることもあるでしょう。もちろんこれは企業側が本当にそう思ってくれるかどうかは企業の態度次第です。

 ここまで仕事をしてきて見てきた企業側の体質から、明言すべきかどうかの判断をしてみましょう。

【関連記事】
30代で円満退職を
入社前に確認しておきたいこと
30代の転職の試用期間
会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介

30代で円満退職を

引き止めをどう攻略するか

 30代はキャリアも将来性もある世代です。そうなれば退職の意思表示をしたとなると企業側としても易々と了承するわけにはいかず引き止めが高確率で出てくることになります。

 円満退職を目指すにおいてこの引き止めが具体的な解決策がないからこそ一番厄介な問題となっています。自分の企業における立場と企業の性質とどちらのことも考慮しないとお互いの関係が悪くなってしまって円満退職は夢のまた夢ということになってしまいます。

 ポイントは自分が意思表示をする部分と相手からの言い分を了承する部分のラインを考えておくことです。どっちつかずの態度は嫌われますが、だからといって相手の言い分を全て聞くのも問題です。

退職までの順序を確認しておくこと

 円満退職をするのであれば引き止めの対策はもちろんですが、退職の意思表示から始まって本当に退職するまで適切な行動をとらなければいけません。特にビジネスマナーがもう備わっているとされる30代だと尚更そういう目で見られることになるでしょう。

 そのため退職の時に気をつけておくこと、やらなければいけないことについて転職活動の時に確認をしておきましょう。確認はもちろん一番考えたいのは「迷惑をかけないこと」これを前提に行動していくことを忘れてはいけません。

【関連記事】
退職する時の理由はどう扱えばいいか
入社前に確認しておきたいこと
30代の転職の試用期間
会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介