30代が転職にかける期間は

期間はそこまでかからないが

 20代にはない強みも存在するため転職活動においてはそこまで苦戦することはありません。しかし一方でキャリア面に対して問われる世代だからこそ、それを焦点に当てて活動していくのに慣れず期間がいたずらに長引いてしまう危険性もあります。

 転職のチャンス自体は何回もありますが、あまり転職を重ねると後々の転職に不利になってしまうので、転職活動をするのであれば長い期間はかけようとせず、自分が納得の行く転職ができるようにある程度の期間は設けて活動していくといいでしょう。

 少なくとも自分の思っていた転職とは違った、ということにならないように気をつけてください。

活動以外に必要な時間に気をつけよう

 20代に比べると30代は未経験への転職が多少は難しくなっています。そのため未経験を狙うのであれば相応の準備をしなければいけません。資格や免許が必要なものであればそれを取得しなければならず、難易度が高いほど期間も長くかかるでしょう。

 何より20代に比べれば仕事も忙しくなってきているという方も多いはずであり、それによって自分の使える時間自体も限られてしまいます。

 この使える時間のことを考慮しないとあっという間に40代を迎えることになってしまいます。

【関連記事】
30代から始める転職活動は
30代が転職するなら何を目的とすべきか

30代が転職するなら何を目的とすべきか

キャリアのことも考えて

 転職するのであれば目的を立ててしなければいけません。30代だとキャリアもある程度身に付いているため、転職をするのであれば今より収入や待遇がいいところを目指そうという雇用条件に関係する目的を立てようとする方が多いかもしれませんが、ある程度身に付いているとはいえど、30代ではまだ身につけるべきことは多くあります。

 確かに今よりいい条件のところを狙うという目的は間違ってはいません。しかしそれだけでなく目的を立てるのであればキャリア面のことも考えて立てましょう。

分析して理解をしておく

 キャリア面と一言でいっても何を身につけるかは本人次第となります。将来年齢を重ねて高齢になった時に管理職を任されることを想定するのであれば、他人との交渉や管理ができる能力を伸ばすこと、新しいことを試みたいのであればそれを紹介するためのプレゼンテーション能力や計画を立てられる能力を伸ばすことが考えられます。

 自分が将来的に目指す方向となればどのようなキャリアが必要となるのか、目的を定めた後に分析してみて考えてみましょう。

 もちろん自分の現在持っているスキルからも分析して、どれくらいの道のりになるかも分析しておくのを忘れてはいけません。

【関連記事】
30代から始める転職活動は
30代が転職にかける期間は

30代から始める転職活動は

30代で準備をしておくこと

 20代に比べれば転職するのが多少は難しくなる反面、逆にキャリアが身に付いているため20代では無理だった転職をすることも可能となっています。

 しかし20代とは違う転職を狙えるということは、その分準備をすべきことも20代と異なることです。この世代ともなればキャリアがポイントとなってきます。特に今と同じ職種であれば20代よりもキャリア面は厳しく見られることになります。

 それだけでなく仕事の経験の都合でビジネスマナーを始めとした社会人としての基本が大丈夫かどうかも見られることになります。転職を考えるのであれば仕事に関連する情報の整理をして準備をしましょう。

40代になる前に決めること

 基本的に転職が比較的容易にできるのは30代までとされています。40代となると30代に比べて途端に選べる選択肢が少なくなってしまい、転職のやり方も変えなければならないため厳しいものとなります。

 30代前半であれば時間的な余裕はあるのですが、だからといって悠長に行動していると40代はすぐに来てしまいます。計画を立てる場合には長期間かかることは想定しつつも、短期間で終われるようなものを立てましょう。

【関連記事】
30代が転職するなら何を目的とすべきか
30代が転職にかける期間は