30代でスカウトを狙う場合には

30代のスカウト環境

 30代はキャリアも必要な分は身についてきており、尚且つ後の世代に比べると将来性もある世代です。そのためスカウトにおいても有利な立場にあり、転職活動においてスカウトを狙うのも十分通用します。

 しかし分かっての通りキャリアが必要な分は身に付いていることが理解してこその話であるため、それらが不足していると見られれば逆にスカウトは難しい話となります。

 スカウトの確率が高くなるか、低くなるかは如何に情報登録をする時に自分のキャリアをしっかりとアピールできるかがポイントになるといえます。

スカウトのオファーが来たら

 実際にスカウトが来るかどうかは企業側が自分の情報を見て判断してくれるかとどうかになるため、ある程度の運が必要になります。しかし一定のキャリアがあればスカウトが来る可能性は比較的高くなるといえるでしょう。

 スカウトのオファーが来たら相手の提示した条件についてしっかりと確認しましょう。基本的にスカウトではこちら側が有利なのでいい条件が提示されることが多いですが、自分に合わない条件が提示されることもあります。

 その場合には交渉をするか、断った方がいいでしょう。どちらを選ぶかは相手の企業や仕事の内容のことも分析して判断しましょう。

【関連記事】
30代で転職するのならどう仕事を探していくか
転職エージェントの使い方

転職エージェントの使い方

利用は情報を整理してから

 転職エージェントは転職活動に役立つ情報を得ることができるため、転職活動のやり方が分からない人間には重宝するサービスです。

 30代の場合にはキャリア面のことを考えて動かなければいけないため、それを踏まえての知識や情報は転職活動に大いに役に立つでしょう。他にもこちらに合った非公開求人を提供してくれるため、条件のいい自分に合った求人を容易に見つけることができます。
 
 しかし気をつけたいのは「自分に合った」という部分です。本当にエージェント側が自分に合ったものを提供するにはこちらの情報が分からなければいけません。そのため自分も分かっていないと伝えられず、サポートをするのが難しくなるため、利用前に自分のキャリア面を始めとした情報は整理しておきましょう。

業者はどう選ぶか

 エージェントを利用するのであればどこの業者を利用するか選ぶことになります。世の中には様々な業者がありますが、基本的には信頼性の高い大手の転職エージェントを利用した方がいいです。

 しかし世の中には特定の職種に特化した転職エージェントも存在しており、中小でも特化している場合には大手よりも優良なサポートを受けられる可能性があります。口コミ等の評判も参考にして判断していくといいでしょう。

【関連記事】
30代で転職するのならどう仕事を探していくか
30代でスカウトを狙う場合には

30代で転職するのならどう仕事を探していくか

転職サイトで探していこう

 転職となれば転職サイトを使うのが一番です。特にキャリアが見られる世代であり、転職サイトの場合には未経験の募集もあれど、基本的には転職なために一定の経験や技術がある人間を求める求人が多いため、その一定の経験と技術があるとされる30代は正にうってつけの探し場所となるからです。

 転職サイト自体はネット上に幾つか存在し、中には特定の職種を扱っているところもあります。自分がどの職種を目指しているかは理解しておいて、それに応じて転職サイトを使うようにしましょう。基本的には1つを集中して使うより複数利用した方がいいです。

何を見るか決めておくこと

 仕事探しをする場合には単に特定の職種を探していくことを決めるだけでなく、何を重視して見ていくかも決めておきましょう。

 収入を今より増やしたいと考えれば、今の企業の収入も確認しておいてそこから今の企業より収入が高いところを、今の企業にはないキャリアを身につけたいと考えれば仕事内容の比較をして今とは違うのがあるかないかの確認をしていきます。

 職種だけ決めて探すと職種によっては情報が多くて選ぶのに迷ってしまう可能性が高くなります。自分なりの基準も定めておきましょう。

【関連記事】
転職エージェントの使い方
30代でスカウトを狙う場合には