職務経歴書の形式はどうすればいいのか

基本的な形式は

 職務経歴書は履歴書に比べれば明確に形式は決められていませんが、世間的には自分がしてきた仕事の経歴に関して整理して書いていく経歴を重視した形式と自分がした仕事からどのような技術や経験を身につけてきたのかキャリアを重視する形式があります。

 30代となればどちらかというとキャリアを重視して書く方が多くなるでしょう。とはいえ30代だからといって本当に全員キャリアを重視する書き方をしなければいけないというわけではありません。

 応募する企業と本人の経歴のことも考えてどちらの形式で書くのがいいのかを判断しましょう。

テンプレートに気をつける

 しかし形式が分かってもどのように書いていけばいいか分からない方も多いでしょう。その場合にはネットにどちらの形式もサンプルやテンプレートが掲載されているためそれらを参考に書いていくようにしましょう。

 しかし気をつけたいのがそれらを参考にするあまりにもテンプレート的な内容になってしまうことです。今ではネットも当たり前でテンプレートが存在するのは企業側も承知しているはずなため、テンプレート的な内容だと「決まった形式でしか書類を作れない人間」と見られる恐れがあります。

 参考にするのはよいですが、ある程度は自分なりのオリジナリティを出すようにしましょう。

【関連記事】
30代が転職で履歴書を書くのなら
30代の履歴書はどこが見られるのか

30代の履歴書はどこが見られるのか

写真はどうしているか

 どの立場でも履歴書においては写真が見られることになります。写真を撮ってもらう場所は写真屋さんにした方が写真の質がよくなるためによいのですが、もちろん自分がどのように写るかも大事となります。30代は仕事もある程度経験しているため顔つき自体も相応のものになっていると思いますが、だからといって写真まで真面目に写ろうとするのは実はあまりいいことではありません。

 真面目に写ろうとすると顔つきが険しいものになってしまって、まるで怒っているような表情になってしまいやすいからです。もちろんふざけるのはいけませんが、それでも少しは見る側に悪い印象を与えないように朗らかさな印象で写るようにしましょう。

マナーと自主性

 履歴書は職務経歴書に比べると形式が決まっている書類となっています。そのため履歴書からマナーを守れているかどうか見られることになります。

 しかし一方でマナーばかりを守って自主性に乏しい定型文な内容ばかりになっているかどうかも見られることになっています。30代ともなれば後の世代のことを考えると自分で考えて動くことも視野に入れなければならない世代です。そのため定型文でしか書類が書けないマニュアル人間では困ることになってしまいます。

【関連記事】
30代が転職で履歴書を書くのなら
職務経歴書の形式はどうすればいいのか

30代が転職で履歴書を書くのなら

書き方に気をつけよう

 履歴書を書く場合にはしっかりと歪みなく書けるようにしておきましょう。というのも履歴書は企業側が見る応募書類です。ということは相手が書類を書く際にはどうやって書くかを見るものでもあるのです。

 ここで履歴書の書き方が雑になってしまうと相手も書類作成を任せるのが不安になってしまい、それによって雇用をすること自体が不安になってしまいます。

 パソコンで書く場合には心配がありませんが、手書きで書こうとするのであれば乱雑な出来にならないように気をつけて書いていきましょう。

書く前に情報をまとめておく

 履歴書を書く前にどう書くか情報についてまとめておきましょう。30代は30代なりに志望動機や自己PRもキャリアのことも考えて書いていかなければなりません。

 しかし企業が求めるものと一致しなければ書いたとしても相手の印象は薄くなってしまいます。そのために企業研究を始めとして自分の仕事に関係する情報自体も整理しておかなければいけません。

 転職回数が多い、ブランクがある程度存在する、と人によっては状況によっても書き方を考えなければいけない部分も出てきます。自分の状況のことも考えて内容を考えていきましょう。

【関連記事】
30代の履歴書はどこが見られるのか
職務経歴書の形式はどうすればいいのか