30代、営業職の気になる年収

 記事中ヘッダー画像NEW

 総合人材サービスを展開するマイナビの転職サイトでも、営業職のニーズは圧倒的に高いものです。そのマイナビが、2008年から2013年前半のマイナビ転職登録者の平均年収と、掲載求人数の推移について調査を行ったところ、30代の営業職全般の平均年収は455万円でした。

 30代の営業職で一番年収が高いのが、メディカル営業(MR・MS・ その他)の530万で、金融営業の517万円、海外営業の515万円と続きます。ですが、この年収は40代になると、海外営業が721万円でトップになり、メディカル営業が672万円、金融営業が641万円と順位が入れ替わります。

「30代、営業職の気になる年収」の続きを読む…

景気回復に大きな打撃を与える円安の影響

dageki

記事中ヘッダー画像NEW
 
 安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果で景気回復の兆しが見え始め、トヨタ自動車では5年ぶりにベア要求が行われました。トヨタだけでなく国内の多くの自動車メーカーも、円安の効果があり業績を回復しています。しかしその一方で安倍政権が行った、大規模な量的緩和を疑問視する人も出始めています。
「景気回復に大きな打撃を与える円安の影響」の続きを読む…

30代の転職にも明るい兆し

記事中ヘッダー画像NEW

記事中ヘッダー画像NEW

 人材紹介会社といえば、リクルートキャリア、インテリジェンス、JACリクルートメントが大手と呼ばれています。その3社が転職支援を行って成功した実績を、2011年と2012年で比較すると、35歳以下の伸び率は107%なのに対して、36歳以上は128%となっています。

 この傾向はヘッドハンティング会社でも顕著で、2012年度の30代から40代を対象にした依頼は、2008年度の約3倍にもなっているのだといいます。 「30代の転職にも明るい兆し」の続きを読む…

転職理由に見る、30代の仕事探し

記事中ヘッダー画像NEW

記事中ヘッダー画像NEW

30代で転職を考える理由とは

 転職サイトを運営するエン・ジャパンが行った「転職心理2013」によると、30代が転職を考える理由は、「給与に不満がある」「会社の将来に不安がある」「職場の人間関係がよくない」「雇用形態を変えたい」「会社の考え・風土が合わない」が、上位に並びました。

 上記が理由で転職を考えた30代の仕事探しは、おそらく難航するでしょう。それは、転職の理由がネガティブで、自分で努力した後が見えないからです。 「転職理由に見る、30代の仕事探し」の続きを読む…