30代前半転職体験

こんにちは。
私は、30代前半の時に、転職しました。

■転職を考えたきっかけ
私は、30代まで、弁当屋で働いていました。弁当屋での仕事内容は、主に調理の補助です。たとえば、下準備を行ったりとか、盛り付けを手伝ったりなどの簡単な手伝いでした。私は、正社員を目指していましたが、いろいろな都合でそれを断念しました。さて、転職を考え出すようになったきっかけは、会社の体制の変化です。どういうところが変化したかというと、今まで、午前7時~12時、昼休憩1時間、13時~17時までといったことでしたが、朝早くの、午前5時~18時まで伸ばすとかいわれました。さらに、昼休憩は自分で見つけて取れ、とかいわれ、私はついていけずに転職を考えました。

■転職活動で苦労した点
転職活動で苦労したのは、採用条件です。具体的にいうと、雇用保険がないとか、朝早いとか、そういったところです。私の場合は、転職するときに重視するところは、勤務時間と各種保険です。勤務時間の場合、朝4時とか5時からだと体力的に無理です。早くても私の場合は、朝7時からを希望しています。それと、各種保険のことですが、私は最低でも社会保険と交通費を支給してくれるような職場を希望しています。今回の転職先探しには、そういったところがなかなか見つからずに苦労しました。

■これから転職活動を行う人へのアドバイス
さて、これから転職活動を行う皆さん、私からのアドバイスです。皆さんは、どういった職業に転職したいですか?私の場合、最低でも社会保険がついた職業に転職したいです。

個人的な話になりますが、転職する上で重視するべき点は、各種保険と交通費だと思います。保険は、最低でも社会保険がついていたほうが後々得です。交通費の場合、特に自家用車や電車、バスで通勤する人は確認するのをお勧めします。以上が私からの転職アドバイスです。

コメントを残す