面接の後でお礼状を出す必要があるの?!

 転職マニュアル本などには、“お礼状を出すか出さないかで採否には関係ありません”と書いてある本が少なくありません。・・・しかしここだけの話ですが、お礼状は非常に効果があるのです。

 ですから面接が終了して、採用担当が採否を決定する前までにお礼状を郵送していなければなりません。面接が終わって時間が経ってから送付してもあまり意味がないのです。ここの点をよく覚えておきたいですね。お礼状は、採用担当が忙しい時間を割いて面接をしてくださったことへの感謝の気持ちを伝えるものです。

メールで出したらダメなの?!

 「そういえば面接の際に採用担当の名刺もらったけど・・・メールでお礼を書いて出したらダメなの?!」出さないよりはいいかもしれませんが、やっぱり面接後のお礼状は直筆の手紙で出したいものなのです。

 文房具屋さんに入って探してみると、高級和紙でできたはがき(切手を貼る必要があります)が売ってあります。万年筆も用意して、面接が終了したらその直後にしたためて出すのがオススメです。95%の転職希望者はやっていないけど、お礼状は現実を動かすだけの効果があるのです。

同じレベルの応募者ならお礼状を出した人が勝ち!

 採用担当にとってお礼状をもらうことは決して悪い気はしないと申し上げておきましょう。面接後のお礼状で過剰に自己PRしたりするのは考え物です。

 採用担当からすると“なんで面接の時に言わなかったのだろう・・・?!”といぶかしむ原因に。あくまでも面接をしていただいたことへの感謝の気持ちを書いて、自己PRは入社意欲を示す程度にするのがコツとも言われます。面接が数回ある場合は何枚も出したほうがよいです。

【関連記事】
転職における面接マナーについて
30代は転職の面接だと何を聞かれるのか
転職での面接はどんな質問をすればいいか

2015年8月7日 コメントは受け付けていません。 面接の対策