転職における面接マナーについて

面接マナーの復習は忘れずに

 30代はビジネスマナーが身に付いている世代と見られるため、面接のマナーも守れるかどうかは厳しく見られることになります。

 普段のビジネスマナーがしっかりできていれば面接マナーも問題ないと考える人もいるかもしれませんが、面接マナーは面接マナーでビジネスマナーとはまた違った守らなければいけない部分もあります。特に身に付いていると自信が付いている時程、逆に危険なのです。

 場合によっては就職の時には経験しなかった個人面接以外の面接を受けることになる場合もあります。それらも含めて面接マナーに関して復習をしておくのを忘れないようにしましょう。

喫煙は大丈夫ですか

 マナーにおいてこのぐらいの世代となれば気をつけたいのが喫煙です。最近では企業でも喫煙をするのが厳禁とされているところも増えてきました。その中で喫煙をして臭いや煙を漂わせたまま面接に挑むのは、もはや内容関係なしに落とされて当然ともいえるマナー違反です。

 特に喫煙者はマナーに関して問題視されていることが多いのも事実であり、喫煙しただけでマナーが守れるかどうか疑われることになるのです。

 そもそも喫煙自体健康に害があるものなため、禁煙して絶つことを心がけましょう。

【関連記事】
30代は転職の面接だと何を聞かれるのか
転職での面接はどんな質問をすればいいか
面接の後でお礼状を出す必要があるの?!

2015年5月20日 コメントは受け付けていません。 面接の対策