転職で充実した職務経歴書を書くことの重要性

職務経歴書を丁寧に書くことの大切さ

 転職をする中で難しいのは、自己PRや志望動機よりも意外と職務経歴書の書き方だったりします。特に転職が初めてだという人は書き慣れないものであり、役職がなかったり事務などのサポート業務だと自分の仕事の中でどんな実績を上げたかということを書くのが難しいと思います。転職サイトに求人を載せる企業は中途採用で前はどういった仕事をして、これからどんな実績を作ってくれるかを期待しているので、職務経歴書は丁寧に書くべきです。

職務経歴書は最初は見本を見たり指導してもらう

 初めての職務経歴書は転職を経験している人や人材登録会社に書き方を教えてもらうのが無難でしょう。それが難しい人は転職サイトなどで職種別に書き方のお手本となるものが見つかると思うので、それを参考にすると良いでしょう。せっかく自己PRなどの内容が良くても職務経歴書の基本的な書き方を知らないことで、働きたいと思っている会社をがっかりさせてしまうことは避けたいものです。

職務経歴書の内容は充実させる

 職務経歴書を書く欄は意外と広く、転職をあまり経験していない人は書くことがあまりないために寂しい職務経歴書になってしまうこともあると思います。職務経歴書の内容はできるだけたくさん書くことをお勧めします。それによって企業は応募者の人物像や仕事のスキルをイメージしやすくなりますし、それに繋がる志望動機や自己PRを書けば説得力も出るでしょう。

2014年10月15日 コメントは受け付けていません。 コラム