職務経歴書の形式はどうすればいいのか

基本的な形式は

 職務経歴書は履歴書に比べれば明確に形式は決められていませんが、世間的には自分がしてきた仕事の経歴に関して整理して書いていく経歴を重視した形式と自分がした仕事からどのような技術や経験を身につけてきたのかキャリアを重視する形式があります。

 30代となればどちらかというとキャリアを重視して書く方が多くなるでしょう。とはいえ30代だからといって本当に全員キャリアを重視する書き方をしなければいけないというわけではありません。

 応募する企業と本人の経歴のことも考えてどちらの形式で書くのがいいのかを判断しましょう。

テンプレートに気をつける

 しかし形式が分かってもどのように書いていけばいいか分からない方も多いでしょう。その場合にはネットにどちらの形式もサンプルやテンプレートが掲載されているためそれらを参考に書いていくようにしましょう。

 しかし気をつけたいのがそれらを参考にするあまりにもテンプレート的な内容になってしまうことです。今ではネットも当たり前でテンプレートが存在するのは企業側も承知しているはずなため、テンプレート的な内容だと「決まった形式でしか書類を作れない人間」と見られる恐れがあります。

 参考にするのはよいですが、ある程度は自分なりのオリジナリティを出すようにしましょう。

【関連記事】
30代が転職で履歴書を書くのなら
30代の履歴書はどこが見られるのか