景気回復に大きな打撃を与える円安の影響

記事中ヘッダー画像NEW
 
 安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果で景気回復の兆しが見え始め、トヨタ自動車では5年ぶりにベア要求が行われました。トヨタだけでなく国内の多くの自動車メーカーも、円安の効果があり業績を回復しています。しかしその一方で安倍政権が行った、大規模な量的緩和を疑問視する人も出始めています。

 確かにリーマンショックの影響で多くの国が経済悪化に苦しむ中、各国の中央銀行ではこれまで積極的に金融緩和を行ってきました。金融緩和を行うことで自国の通貨の価値を下げ、輸出を有利に進めるためです。実際に今回の金融緩和で円高から円安傾向になり、トヨタなどの自動車メーカーは業績を回復することができました。

円安がもたらす新たな不安

 
 しかし問題は金融緩和でデフレ脱却をしてインフレになり、もしこのまま一部の大企業以外は給与が上がらなければ、国民の生活はいままで以上に苦しくなってしまうからです。極端な円安は輸入インフレを引き起こし、特に懸念されるのはエネルギーと食料品の価格上昇です。エネルギーや食料品の価格上昇は、国民の生活だけでなく多くの中小企業にも悪影響を与え始めています。

 為替の問題は難しく極端な円高でも困るし、このまま円安が進み給与が上がらなければ転職するしかありません。転職する際に大事になるのが、転職サイトの選び方です。これだけウェブ上に数多くの転職サイトが存在すると、どの転職サイトがいいのか迷ってしまいます。

 そこでお勧めなのが、転職サイトの口コミです。転職サイトの口コミ情報には、実際の利用者の赤裸々な声が書かれています。口コミを見ればどの転職サイトがいいのかを判断する一つの材料にすることができます。

2014年2月3日 コメントは受け付けていません。 ニュース