入社前に確認しておきたいこと

転職先の企業について

 入社前に転職先の企業について今一度確認した方がいいでしょう。入社が決まった今になると転職活動をしている時とはまた違った情報が見られる場合もあるからです。

 最も場合によっては改めて調べた上で実は問題のある企業だった、というケースもよくある話です。特にネットだと虚偽の情報も出回っているため本当に悪いかどうかの判断をするのが難しいのですが、入社の際の書類等も見直して分析して判断してみましょう。

 もし入社するに値しないと判断すれば速やかに内定の辞退をするようにしましょう。

候補が複数ある場合には

 30代は選択肢が多くあるため、内定をもらった企業も複数という方が多いと思います。しかし当然複数の企業へと入社することはできないため、決めた企業以外には辞退の連絡を入れなければいけません。

 内定の辞退をする連絡は早めに入れる必要がありますが、問題は他の企業の内定可否の連絡が来るのを待たなければいけない時です。この場合には連絡を入れて「少し考えたいので猶予をもらいたい」というように企業側に返事を待ってもらいましょう。

 それでも早めに連絡をして辞退するのしないのかを相手に伝えるようにはしましょう。

【関連記事】
30代で円満退職を
退職する時の理由はどう扱えばいいか
30代の転職の試用期間
会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介

2015年5月20日 コメントは受け付けていません。 退職・入社