会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介

待遇の改善を持ち出されたら

 会社から引き止められる時のパターンで、会社側から見た時、最も有効であると感じるのが、待遇の改善をチラつかせての慰留です。転職を検討する人、特に市場価値の高い30代の人の場合は、キャリアアップや年収アップなどを狙っている場合が多く、それを感じ取っている会社は、待遇の改善を持ち出して引き止めようとするわけです。

 そうした引き止めにあったら、「もう少し前にそういった評価をしてもらいたかった」であるとか、「待遇云々の問題で辞めるわけではない」といった返しをしてみましょう。退職する強い意志を示せますし、相手も納得せざるを得ない状況に持っていけるはずです。

恫喝するような引き止めには

 転職希望者にとって最も厄介なのが恫喝やそれに近い形での引き止めです。恐いですよね、上司から威圧的に慰留されたら。こんな時にはまともに取り合わないようにしてください。「何か必死で怒鳴っている」くらいに思い、とにかく精神的に崩されないことが重要です。まともに受け取ってしまうと心が壊れてしまいますから、聞き流すくらいの余裕が欲しいところです。

 社内に他に相談できる人がいればする、あるいは外部の機関に相談するのもよし。それが面倒だという人は退職届を提出し、いつでも辞められる状態を作っておくといいでしょう。余裕があれば、そうした上司の恫喝をこっそりと録音しておけば、後で有効に使えるかもしれません。

どうしても必要だと訴えられたら

 「うちの会社にはどうしてもお前が必要だ」という訴えをされたら、これもまた非常に厄介。今までお世話になったわけですし、多少は会社に愛着もあるでしょうから、辞めるのを迷ってしまう人も出てくるかもしれません。

 もしこうした慰留の仕方で退職を迷ってしまうくらいなら、その会社に残った方がいいでしょう。ふわふわとした気持ちで転職すると危険です。感情的に揺さぶられつつも、でも辞める意志が固いなら、「転職先が既に決まっていまして…」などと言うといいかもしれません。

 それならしょうがない、と会社側が折れるしかないからです。

【関連記事】
30代で円満退職を
退職する時の理由はどう扱えばいいか
入社前に確認しておきたいこと
30代の転職の試用期間

2016年1月18日 コメントは受け付けていません。 退職・入社