仕事探しをする30代の方が知っておきたい流れ

 初めての転職の人はもちろんですが、何度目であっても転職の流れを確認しておくことはとても重要。

 ノウハウとまではいきませんが、各流れの中で重要なポイント、これをここでしっかりとおさらいしておきましょう。ノウハウにも繋がるポイントが見つけられるはずです。
 

転職準備の準備は盛りだくさん

 心の準備、経済的準備、時間的準備、求人探しのための準備など、転職時にはしておきたい準備が盛りだくさん。どれも丁寧に行いましょう。

 全ては自分の今置かれている状況や心の中の状態、過去と向き合うことでわかるさまざまなことなどを整理することから始めなければなりません。

【参考記事】
30代から始める転職活動は
30代が転職するなら何を目的とすべきか
30代が転職にかける期間は
 

求人情報の集め方

 さまざまなことの整理を終えたら、それを携えてエージェントや転職サイトなどに登録をし、求人情報を集めていきます。

 集め方は媒体によって異なりますが、とりあえず気になる企業があったら企業研究を行い、さらに深い情報を集めましょう。応募すべき企業が見つかれば、次のステップに進むことができます。

【参考記事】
30代で転職するのならどう仕事を探していくか
転職エージェントの使い方
30代でスカウトを狙う場合には

 

履歴書と職務経歴書はふたつでひとつ

 履歴書と職務経歴書はふたつで、ひとつ。どちらも手を抜かずに作成しなければなりません。

 大事なことは両者の違いをしっかりと把握し、内容が過剰に重複しないように気を付け、応募企業のみに向けた内容にすること。これを守っていれば出来の良い応募書類になるはずです。

【参考記事】
30代が転職で履歴書を書くのなら
30代の履歴書はどこが見られるのか
職務経歴書の形式はどうすればいいのか

 

面接は第一印象から

 第一印象には十分に気を付けてください。30代であっても、服装や髪型、マナーなどに気をつけなければ採用されるのは難しくなります。

 応募書類と矛盾が生じないように注意し、一緒に働いているところをイメージしてもらえるような受け答えを意識しつつ、面接を受けるようにしましょう。

【参考記事】
転職における面接マナーについて
30代は転職の面接だと何を聞かれるのか
転職での面接はどんな質問をすればいいか
面接の後でお礼状を出す必要があるの?!
 

退職・入社準備

 30代で退職されるのは会社にとっては、かなり大きな痛手と感じるはず。それでも転職を決意したのであれば、それなりの理由をそれなりの形で伝えなければなりません。

 勢いで転職を思い立つのはいいのですが、退職まで勢いでやらないよう、数ヶ月という時間をかけて行うようにしましょう。
 

【参考記事】
30代で円満退職を
退職する時の理由はどう扱えばいいか
入社前に確認しておきたいこと
30代の転職の試用期間
会社からの引き止めへの対処法をパターンごとに紹介