仕事探し30代向け|人気求人サイト比較

 30代の仕事探しでは、20代と同じような職種に応募しても受からないことが多いでしょう。これは、30代になるといっきに応募要項が高くなるため、例え職種や業界未経験者であっても、企業は即戦力となる人材を厳選して採る傾向にあるからです。30代の転職では、これまでの業務経験を活かして30代が狙えるマーケットを探して転職するとよいでしょう。

 そこで、当サイトでは30代で仕事探しに役立つポイントがわかるようになっています。特徴としては、人材ビジネスを経験したキャリアコンサルタントネビゲーターとなって、求人サイトや転職支援会社の利用法、仕事探しから応募の仕方、面接の受け方などをご紹介しています。また、30代の転職に関する様々な悩みにも対応できるように転職体験談もコンテンツとして掲載しています。これらの転職に成功するノウハウをご紹介することで、効果的な転職活動の方法が変わりますので、書類の通過率が上がり、面接に行く可能性が上がるなど転職への選択肢が確実に広がっていくことでしょう。 是非、当サイトを利用して、転職という未来を手にしてください。

main-in-30
r-1-1

20代の頃に一度、転職を経験しましたが、30代に入ると自分に合った仕事探しが重要になってくる。下手に自分の市場価値を下げるような転職もしたくないと思ったとき、スカウト機能で得られる情報はすごく参考になった。(30代 男性)
世間では、女性管理職を増やそうなんて話が出ていますけど、実際はなかなか管理職にあがることが難しい企業のほうが多い。そういう希望がはっきりしている私の場合、スカウト機能で、ダイレクトにアプローチしてくれる企業とコンタクトが取れたからこそ、今の職場に最善の形で出会えた。(30代 女性)
結婚を機に、今の職場でのキャリアでは将来的に家計を支えることも難しいと判断し、自分の希望の年収や条件に見合った転職先を効率的に探すことを決意。リクナビNEXTでアドバイスされたレジュメ機能の使い方で、今まで自分の気づかなかった強みを引き出してもらえた。(30代 男性)

r-2-2

女性は年齢があがればあがるほど、転職が難しくなるのが現実です。子どもを持つ前にキャリアを積んでおこうと考え、転職活動を始めました。無料でキャリアアドバイザーがサポートしてくれますし、他では手に入らない情報が詰まった「エージェントレポート」でより深い企業研究ができるので安心です。(31歳 女性)
転職先が決まってから辞表を出したいので、いまの仕事に影響がないように就職活動をしたかった。リクルートエージェントにはパーソナルデスクトップというサービスがあり、求人情報の確認も進捗管理も応募書類の提出も、自分のページで行える。面接日の調整もお願いできるし、仕事を持ちながら転職活動したい人にはおすすめだ。(36歳 男性)
歴史が古く、これまでの実績もたくさんあるリクルートエージェントなら、地方都市の求人にも独自のルートがあるのではないかと期待していました。ですが企画制作職の求人自体が少ないようで、なかなか応募に至らず、時間が経過することにあせりを覚えています。キャリアアドバイザーのいう通り、職種に限定しない方が条件の良い転職ができるのかもしれません。(38歳 女性)